埼玉の外壁塗装・ほほえみホーム

の評判

外壁塗装で埼玉に暮らすお客様のマイホームを守ります

埼玉を起点に外壁塗装等のマイホームのメンテナンス工事全般を提供することで、お客様のご自宅の機能性を高めることができ、資産価値や快適な暮らしをお守りすることに繋がります。

デザイン性を損なうことなく機能性にも気を配った施工には、お客様からご好評をいただいており、今後もさらにお客様のご期待に施工でお応えできるよう丁寧にご要望をお伺いしてまいります。マイホームのメンテナンスをお考えの際は、本社で実施する無料見積もりをぜひご依頼ください。

埼玉で外壁塗装を実施してマイホームの資産価値を守ります

なぜ外壁部分の塗装を塗り直すことでマイホームの資産価値を守ることができるのかというと、塗料の防水機能に深く関係がございます。塗装部分は雨水を弾き、紫外線による外壁のダメージを軽減する役割を担っており、これが建物の資産価値を守る重要なポイントとなります。紫外線によるダメージが蓄積すると壁にヒビが入り、そこから雨水が多く建物内部に侵入いたします。

内部の防水シートを突破して建物の骨格にまで浸透してしまうと酸化による錆や木材の腐食の原因となり、基礎部分の耐久性に大きなダメージを負ってしまいます。この基礎部分の腐食がマイホームの査定に大きく響くものとなるため、そうならないように塗装は劣化し切る前に塗り直すことが望ましいのです。塗装を塗り直すことで建物の耐久性と資産価値を守ることができたとご好評をいただきまして、より多くのお客様のマイホームの資産価値をお守りできるよう塗装作業に励んでまいります。

埼玉にて外壁塗装業を営み内装を刷新することで省エネ化へ

内装をリフォームする際に、建物全体の省エネに特化した仕様にすることもできます。それによって月々の電気代も節約することができ、結果的に火力発電がまだメジャーな日本においては地球環境を守ることにも繋がるケースが多々ございます。しかしながら、最近は電力自由化に伴ってお客様の意思でクリーンエネルギーのみを扱う会社と契約することもできるため、内装のリフォームをきっかけに地球環境のことを考えるのはとても有意義なことではないかと考えます。

内装で省エネを実現する方法の一つに内壁専門の塗料の中から、保温性や保湿性に優れたものを選ぶことが挙げられます。塗料一つで保温性能にだいぶ差が出てくるもので、塗料を新しくすることで室温がとても快適になり過ごしやすくなると好評です。室温が保たれやすくなることで、エアコンやガスヒーターの使用頻度も低下して、電気や化石燃料の節約が経済的にも地球環境にも良い方向に作用します。

埼玉を拠点に外壁塗装を施すにあたり多種多様な塗料をご用意

外壁塗装工事を埼玉にお住まいの方々に提供する際に、塗料の種類にも多種多様なものがあり、その中からお客様のご要望に最適と考えられるものをプロが厳選いたします。中でも比較的新しく開発された「光触媒」を活用した塗料も取り扱っており、その機能性の高さにご好評をいただいております。

光触媒の大きな特性は「分解力」と「親水性」の二点になります。「分解力」とは空気中の汚染物質の分解力が高いことを意味し、この汚染物質が壁に付着すると汚れが付いてまいります。しかし二酸化チタンが塗膜を覆うことで汚染物質が分解され、塗膜に蓄積しにくくすることができます。これを洗い流すために「親水性」という機能が活きてきて、雨水を塗膜に吸着しやすい性質を持っているため、分解された汚染物質が塗膜の水に溜まっていき、直に流れ落ちていくのです。このように光触媒の塗料には、大気汚染物質の汚れを防ぐ特殊な性能を備えているのです。